• ホーム
  • 他にもあります!女性に嬉しい効果がある低用量ピル

他にもあります!女性に嬉しい効果がある低用量ピル

2020年08月07日

ここまで低用量ピルについていろいろお話してきましたが、これまでお話していないメリットも、実はまだけっこう残っています。特に女性特有の悩みの解消につながるかもしれないメリットです。それだけに、低用量ピルの服用に抵抗がない女性であれば、そのメリットを認識し、お悩み解消への手がかりとするのも悪くない考え方でしょう。

低用量ピルにトリキュラーをはじめ、いろいろな種類があります。まだお話していない薬では、ジネット35と呼ばれる低用量ピルがあります。これは、ダイアン35という低用量ピルのジェネリック(後発医薬品)です。ダイアン35が悪いわけではもちろんありません。しかしジェネリックのジネット35であれば、その分費用面でのメリットが大きくなります。

ダイアン35にしろ、ジネット35にしろ、通販サイトで購入することができます。ただ、病院で診察を受けて、処方されたピルでなければ服用したくないという女性にとっては、ちょっと向いていないかもしれません。もちろんご自身にとって向いていないと思う女性が無理に通販を利用する意味はないです。そのあたりはご自身で判断するということでまったく問題ありません。

さて、低用量のピルの服用によって得られる女性にとってのうれしいメリットについて、いよいよお話を進めていきましょう。ピルである以上、低用量であろうとなんだろうと、避妊目的が最大の用途ということになります。この部分に関しては異存がないと思われます。ただ、避妊目的以外にも、女性にとってうれしいメリットがあるという部分も見逃せません。

そのメリットの代表的なものは、肌の調子が改善・向上するという効果です。ホルモンバランスが崩れると、すぐに肌の調子が落ちてしまうという悩みは、多くの女性が抱えている印象があります。そういった悩みが、低用量ピルによって改善される可能性が高まるのです。いわゆる大人ニキビに悩む女性が、低用量ピルを服用しはじめてからニキビがなくなったと喜ぶ姿を何度か目にしているので、おそらくこのメリットについては間違いがないところかと思います。

ほかにも、女性にとっては悩ましい多毛症が低用量ピルの服用によって改善されたということも報告されています。多毛症に効く薬もないわけではないですが、さまざまな効果・メリットがある低用量ピルを使用するという考え方も、大いに参考になると思います。

しかし薬である以上、副作用のリスクがあります。副作用のリスクを最小限にとどめるためにも、正しい飲み方が大事です。もちろん正しい飲み方を実践していても現れることがあるのが副作用ですが、そのリスクを小さくする意味で、まずは正しい飲み方が重要であることを再認識していただきたいです。

そうしたリスク管理を徹底した上で、女性にとっての悩みが解消・改善できるということであれば、その利用価値は非常に大きいといえるでしょう。悩める女性には、大いに参考にしていただきたいです。