• ホーム
  • ピルを飲み忘れたらどうする?

ピルを飲み忘れたらどうする?

2020年04月03日

低用量ピルのトリキュラー、避妊薬として非常に高い評価を得ている印象があります。その飲み方についてはすでにお話ししました。いささかトリッキーな使用方法であるというお話です。また、ピルの飲み忘れが生じた場合どうすればよいかということについても、ごく簡単に触れています。

しかし、その日の終わり近くになって、飲み忘れに気づいてしまったなどという場合に、上記の説明だけではちょっと心もとないと感じるでしょう。ここでは、低用量ピル・トリキュラーを飲み忘れてしまったケースについて、詳しくお話します。

上の説明では、前日の飲み忘れの分は直ちにその場で1錠服用し、その日の分も通常通り服用する、という内容でした。ただ、飲み忘れた前日分を、その翌日夜遅くに気づいたという場合、言い換えれば2日連続で飲み忘れた、あるいは忘れそうだったという場合が問題になります。

トリキュラーは原則毎日服用します。1日1錠が定量です。24時間以内であれば、忘れたことに気づいた時点で忘れた分を1錠服用します。多少時間が短くなっても翌日通常通りの時間に、通常通り1錠服用し、自己管理スケジュールに戻します。たとえば忘れてから半日しか経過していないという場合、そのまま忘れた分を服用してかまいません。
飲み忘れから24時間以上経過した場合、48時間以内であれば、忘れたことに気づいた時点で、忘れた分と通常分を合わせて2錠を服用します。あとは自己管理スケジュールに戻します。そして最大の問題は、飲み忘れから48時間以上経過してしまった場合です。

この場合、トリキュラーの服用はその時点で中止しなければなりません。すでに説明したとおり、トリキュラーは28日を1クールとして、1クール、2クール、3クールと服用を継続するタイプの薬です。28日の内訳は、飲みはじめから21日間は連続して服用し、7日間は服用を休むという少しトリッキーなサイクルになります。飲み忘れて48時間以上経過した場合には、その1クールを無視して、次のクールから再スタートするという対処が必要です。
原則として、自己管理を正しく行う必要があるわけですが、人間ですから忘れてしまうこともあるでしょう。そういう心配がある方は、便利なツールをご利用になれます。いわゆる通知アプリと呼ばれるアラーム機能を搭載したアプリです。これはトリキュラーのブランドやメーカーとは直接関係ないツールです。しかし、通知アプリがあれば、忘れるリスクは軽減されるはずです。

毎日服用とは言っても、半日ごとに1錠ではなく、1日にたった1錠しか飲まない薬だけに、どうしても忘れがちにはなると思います。そんなときには、スマホをお使いの女性であれば、とても便利な通知アプリをご利用いただくのが、一番の近道となるはずです。
スマホをご利用になっていない方は、トリキュラーに添え付けられているチェックシートを有効にご利用いただければと思います。